結婚は相手を幸せにするために

結婚は相手を幸せにするために

結婚前提の付き合いを望むのであれば、きちんとした相手選びをするのが絶対条件です。でも、どんな相手が理想なのか自分でも分からないですよね。そこで、結婚相談所などでは学歴、経歴、容姿、性格など細かく調べてからマッチした相手を紹介してくれます。

 

 

 

ところで、民間調査では、離婚原因の第1位は「性格の不一致」とあります。今はまさに「3組に1組以上の夫婦が離婚」している時代なのです。相性がいいと思って結婚したのに、「性格が合わないこと」が理由で離婚しているケースがほとんどです。

 

 

 

「本当にこの人でいいのか?」という不安や迷い、葛藤が出てくるのは当然ですよね。

 

20代女性の7割は、年上男性との結婚を望んでいるそうです。30代、40代の男性は包容力もあり、収入も安定している。結婚の3条件は、高学歴、高収入、高身長でしたが、いまや、心の平穏、平均的な年収、平凡な容姿と変化してきています。

 

 

 

現代のようなストレス社会においては、「癒し」や「心の平穏」を結婚パートナーにも求めるようになってきているのでしょう。

 

恋人同士のときは楽しい時間を過ごせれば満たされますが、結婚はただ楽しいだけでは生活できません。結婚には「責任」が伴ってきます。舅姑との関係や親族との付き合いも出てきます。結婚相手として「夫にふさわしい男性か」「妻にふさわしい女性か」。

 

唐兵衛

 

結婚にふさわしい適性を備えているかどうかを相手にだけ求めるのではなく、自分自身にも問いかけてみましょう。結婚生活を実りある、豊かなものにするために、「幸せにしてあげたい」という気持ちを持ち続けて、自分も相手も幸せでいられるように、本質の部分で本当に愛せる人を探してみましょう。

 

https://r.gnavi.co.jp/gc5n503/

 

結婚とは「ゴールではなくスタート」なのですから。